FF零式(ファイナルファンタジー零式)最強攻略マップ付き:g-hat

edit

魔法強化

概要

第二章 自由時間3から【アルトクリスタリウム】にて魔法の強化ができるようになります。
初めてアルトクリスタリウムを調べた時にサンダーRFが解放されます。
アルトクリスタリウムは【レリック】(セーブポイント)からもアクセスできます。

魔法強化レベルの増減パターン

魔法を強化する際、ファントマを使って強化しますが、基本的にある項目を強化すると、別の項目が下がるといった仕様になっています。
この時に、項目を何度も選び直すと、上昇量と下降量が変化します。
これには3種類のパターンがあります。

パターン1変動値が多い
パターン2変動値が少ない
パターン3大成功

いずれも決定前に結果がわかりますが、大成功の場合は、もぐりんが「大成功の予感クポ!」と教えてくれて、実行すると通常使用するファントマに加えてハクジファントマを1つ使用します。

パターン1と2は、基本的に他の項目のレベルが下がりますので、その関係上、比率的に損得があります。
なお、ハクジファントマを持っている場合は、パターン2は出辛いです。

項目によって、「上がり易い項目」と、「上がり難い項目」があります。
上がり易い項目は、下降値も大きく、上がり難い項目は、下降値も小さいですので、「レベルが下がる」ことは、あまり気にしなくても良いです。

項目ごとのレベル上限

各魔法の各項目「威力、MP効率、詠唱時間」等には、レベル上限が設定されています。
レベルの上限は、各魔法ごとでばらばらです。
レベルが上限に達する際は、上昇値が極端に少なかったり、普段見ないような数値になります。
この時、値がマイナスになる項目については、通常通りのマイナスになりますので、そのまま強化すると、ファントマを無駄に使うことになります。
次の1回で上限に達することが分かったら、故意に上げずに他の項目との調整を図りながら上げると良いです。

上下値の割合表

上昇が多い
多いほうがいい

456789101112131415161718
-1456789101112131415161718
-222.533.544.555.566.577.588.59
-31.31.622.32.633.33.644.34.655.35.66
-411.21.51.722.22.52.733.23.53.744.24.5
-50.811.21.41.61.822.22.42.62.833.23.43.6


下降が多い
少ないほうがいい

-4-5-6-7-8-9-10-11-12-13-14-15
222.533.544.555.566.577.5
31.31.622.32.633.33.644.34.65
411.21.51.722.22.52.733.23.53.7
50.811.21.41.61.822.22.42.62.83


上の表の使い方例

パターン1と2がそれぞれ

パターン1(変動値が多い)-12、+4
パターン2(変動値が少ない)-7、+2

だった場合、+よりも -の方が多いため、上の【下降が多い】表を見ます。
そして、パターン1,2をそれぞれ照らし合わせると

パターン13
パターン23.5

となるのが分かります。
表に「少ないほうがいい」と書いてあるとおり、【下降が多い】場合は、パターン1のように比率が小さい値の方が、ファントマがお得という事になります。

※比率が同じ場合は、変動量が多いパターン1の方がお得です。
※ハクジファントマを所有している状態だと、パターン2が出る確率が低いため、ハクジファントマは使ってしまった方が時間的には良いです。なお、ハクジファントマは売った場合は500ギルです。
※レベルが上限に達する時は、表に対応しない値が出る場合があります。
※上がる項目と下がる項目が使うファントマの種類は考慮していません。
上げようとしている項目で使うファントマが貴重で、影響を受けて下がる項目を上げる時に使用するファントマが手に入りやすい場合は、この限りではありません。







Last-modified: 2017-01-30 (月) 14:59:28 (315d)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索   最終更新のRSS
無断転載を禁じます。引用はURLとサイト名の明記をお願いします。
© g-hat.